中国・四国地方|アコムATM・店舗・提携コンビニNavi

中国・四国地方|アコムATM・店舗・提携コンビニNavi

▲TOPページへ戻る


中国・四国地方


<公式サイトでお申込み>


 


全国のアコム店舗・ATM


関東地方


関西地方


北海道


東北地方


北陸・甲信越地方


東海地方


九州地方



<公式サイトでお申込み>


【金融辞典】

既に持っているかもしれない電子マネーを賢く利用しよう

電子マネーを利用していますかという質問に対し、利用していないとか知らないという人もいますが、そういう方でも実は既に利用されているケースがあります。 たとえば、鉄道会社で発行しているICカードがそれにあたります。 鉄道の改札をタッチ1つで通過でき、自動的に運賃が差し引かれるのは、電子マネーの仕組みを使っているからに他なりません。 既にICカードタイプの定期券を利用しているという人も多いことでしょう。 このカードは単に毎日の通勤や通学で利用できるだけでなく、駅などにある自動販売機、駅以外の提携先のコンビニやお店などでも買い物時に使えます。 使い方は簡単で、カードリーダーにタッチするだけです。 電子マネーの発行媒体には、主に鉄道会社やバス会社などの交通機関と、コンビニや大手スーパー、オンラインショッピングサイトなどの商業系のものがあります。 カード方式のほか、おサイフケータイに組み入れることも可能です。 利用する前に予めお金をチャージする必要があり、鉄道の切符売場やコンビニの専用端末などを使ってお金を入れておきます。 そのため、運賃や買い物の支払金額に比べて、チャージの金額が不足するとエラーとなり使えないので注意が必要です。 決済資金不足にならないようにする手段として、クレジットカード機能を付加する方法があります。 チャージ金額がご自身で予め指定した金額以下になると、自動的にチャージが行われ、そのチャージ金額は後日クレジットカード代金として請求される仕組みです。